基本的に物欲日記兼雑記帳。クレームお断り。

紅玉日誌

Game

今更テトリスDS

更新日:

undefined買ったのは結構前なんだけど、しばらくDS触れてなかったので…
ウタダのニュースに触発されて今更やってみる(笑)

テトリスDS(amazon)

思えば学生時代、初代ゲームボーイが買えなかったんですよ。貧乏で。なのに何故かバイトも何もしてる気配の無い友達がみんな持ってて、小遣いが多いか、食費削って仕送りで買ってるって子ばっかりだったなぁ。
その後、キーホルダー式のミニゲームがいくつか発売されて、テトリスもやってみたんですが、いまひとつ盛り上がれなくて…今回はプラットフォームをDSに移して、またDSならではのタッチペン操作要素なんかも加わりつつ、いい感じに仕上がってますね。Wi-Fi対戦もできますし。

まだチンタラ練習してますが、むずかしいねぇ。
しかしこういう単純な落ち物ゲームの方がはまります。好きな人にはたまらないと思いますよー。

宇多田ヒカル、テトリスで大勝

et-060813-3-ns.jpg 宇多田ヒカル(23)が12日、都内で行われた人気ゲーム「テトリス」の真剣勝負で14連勝を含む31勝9敗と大きく勝ち越した。5歳から同ゲームに打ち込んでおり、発売元でイベントを主催した任天堂社員や、30人の愛好者たちと激戦を繰り広げた。

 歌っているときは絶対に見せないメガネ顔。レンズの奥の目がいつものようにうるんでいない。「よっしゃ~っ!」。鋭い視線が大型スクリーンに浮かび上がった「WIN(勝利)」の文字を確認する。宇多田はゲームを知り尽くした任天堂の情報開発部スタッフとの5本勝負を3勝2敗で制した瞬間、両腕を突き上げた。「すごい楽しい。本当に遊びに来ちゃったみたい」。ブロックが高く積み上げられ、ゲームオーバー寸前のピンチを切り抜けた末の勝利。国内で史上最高のアルバム売り上げ記録を持つ歌姫もこの日ばかりは、勝負に厳しいゲーマーに徹していた。

 同イベントは今春発売された「ニンテンドーDS」のソフト「テトリスDC」の愛好者が「テトリス好き」を公言する宇多田と対戦するイベントだった。応募者の中から選ばれた30人が出場。小学生から女子大生、OL、会社員のお父さんなど幅広い層が集まった。

 取材陣の多さに動揺したのか、立ち上がり2連敗を喫し「ライブではこんなに緊張しないのに」と唇をかんだ。同ゲームの上限得点9999万9999点を記録したこともあるテトリス名人が「やばいよ~、ちょっと待って。まじかよ~」と弱音も吐いた。

 流れを変えたのは小学生の女の子と対戦した3試合目。初勝利を収めて「ああ、よかった」と大きく息を吸うと、その後は10連勝。高速で落下するブロックを巧みに組み合わせて消していく妙技に何度もどよめきが起こった。こつは「ないです」と手の内を明かさないが、抜群の集中力と瞬時の判断力を発揮して「テトリスはスポーツです」と言い切った。長嶋茂雄さんの「野球とは人生そのものです」と同じような座右の銘なのだろうか。

 任天堂スタッフを下した勢いに乗り、14連勝もマーク。31勝9敗の好成績に「どんどん楽しくなってきた」。参加者は「歌もうまいけどゲームも強い」と意外な一面に驚いていた。

[2006年8月13日8時2分 紙面から]

+++Google+++

  • この記事を書いた人

ゆきぞう

猫好きBBA。 貧脚なロードバイク乗りです。

-Game

Copyright© 紅玉日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.