基本的に物欲日記兼雑記帳。クレームお断り。

紅玉日誌

Diary

和装へのトラウマ。

投稿日:

Twitterのログが自動投稿されるようになると、ついついブログ書いてる気になっちゃって、更新する意欲があんまりなくなりますね!(笑)

近況ですが。
今年に入ってから、やたら着物が欲しくなって(とは言っても、正絹のお高いブツには手が届きませんが)、洗えるポリ着物を数枚、練習用に安い半幅帯とか名古屋帯を買い揃えてます。
もともと、(今は鬼籍に入ってますが)母方の祖母が和裁が得意だったし、母も(自力では着られなくて、よく祖母に手伝ってもらってましたが)慶事には着物で出かけたりなんかして、家庭内には着物が割とあったんですが、娘のワタシはあんまり着物に縁がなかったというか。

まず、物心ついた頃に、祖母が「お正月の着物をつくってあげよう」って、張り切って羽織まで同じ反物から作ってくれたんですが、紺に赤白黄色のカスリという、どうにも子供心にピンとこない(子供ゆうたら赤とかピンクとか好きな年頃ですよ…)シブイ色合いでテンションがだださがり。
今にして思えば申し訳ない話ですが、結局この反物、家族の綿入れ半纏に生まれ変わって余生を送ったという、不憫な結末を迎え。

成人式には、流石に振袖を買うほど家計も豊かではなかったのでレンタルでしたが、レンタル屋さんで見せられた「これ、今ならお嬢さん用に仕立てますよ」って赤振袖に、ワタシより先に母親が乗り気になって、「買った方が安かったんじゃね」ってくらいのお値段で借りて、母親も祖母も喜んでくれましたが、借り物バッグの中に、母親がブランドもの時計だったかを入れっぱなしで返却、それが戻ってこなかったと何故かワタシが叱られ、最終的にあまりいい思い出がなく。
(そもそも地元の中学、高校にいってないので成人式に行っても知ってる顔が居ない…)

社会人になってからは、着物のキャッチセールスに捕まり、結局消費者センターやら挟んで親も巻き込んで契約自体がなくなったのですが、もうこれで完全に「着物屋怖い」状態に。
そのときの業者は後になって絵画売買に転身してたので、着物も一種の商材だったんでしょうけどね。芸能人がよく着てるデザイナーさんですよ!って乗せられたんですが、ぐぐってみたらそこそこ有名な染色作家さんだったんですね。着物自体はたいへんステキでしたので、縁があったらまた手にとってはみたいものですが、もう手がとどかん(笑)

が、意外と着物もピンキリで、安いのになると洋服買うのと変わらないくらいなんだ、って事に気付いてから、身の丈にあう程度にお買い物はじめてます。
問題は、仕事が不規則で着付け教室なんかに通えない事ですな…しばらくは書籍とかDVDでなんとかする方向で。

DVDで着物の手ほどき 着付けと帯結び
DVDで着物の手ほどき 着付けと帯結び 着物屋くるり

成美堂出版 2010-11
売り上げランキング : 9923

Amazonで詳しく見る by G-Tools

blogram投票ボタン

+++Google+++

  • この記事を書いた人

ゆきぞう

猫好きBBA。 貧脚なロードバイク乗りです。

-Diary
-

Copyright© 紅玉日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.