基本的に物欲日記兼雑記帳。クレームお断り。

紅玉日誌

Diary

通販>店頭買い生活。

更新日:

Amazonやら楽天やら便利になりすぎちゃって、店頭で物を買う事があんまりなくなりました。

店頭買いだと、とりあえずその場で欲しいものが手に入るとか、実物を確認できるとか、お洋服なんかだと試着できたりするんですけど、店頭にないものを探すとか、とりあえず予約するほど欲しいけど店頭に行く暇がないとか、色々理由があって通販のほうが正直便利なんですよね。

そしてやっぱり、実店舗の店員の接客がいいとき、わるいときがある、というのが。

梅田ヨドバシカメラのゲーム売り場というのが、まぁ殆ど混んでない時がなくて、レジに並ぶのもストレスなんです。
ゲームソフトって、ほんとに店頭買いする意味がないので(特定の店舗で予約して買うと特典がある、という場合を除いて)大抵はAmazon頼みなんですが、相方さんと連れ立って買い物にいく場合、まぁ今見つけたし買って帰るか、ってタイミングもあるんです。

で、炊飯器を買う前にふらっと立ち寄ったフロアに、セルフレジが設置されてました。
まぁこれも時代の流れよのう、と思ってやってみたのですが、ポイントカードは通ったものの、商品のバーコード通したら「この商品は取り扱いできません」とメッセージが。

まぁしゃあないな、書籍だしな、と思ってレジに並んでたら(その時レジに客が数人しか居なかったし)、店員がすっとんできて

「すみません、こっちの機械使ってください」

…流石に言い方にカチンときたので「…バーコードが通らないので並んでるんですけど…」と言い返したら「できますからどうぞ!」

すみませんの一言とか、まったくナシですよ。
たまたま認識せんかったかも、とかの機能の説明もナシですよ。
で、結局セルフレジで店員が勝手に商品通して終わり。

…普通のレジで決済するのと結局何が違ったの?
あと少しで普通のレジに通してもらえてたので、結局セルフレジに誘導された時間分ロスしました。
それについても「お手数かけました」とかの言葉も一切ナシ。

ワタシが通してダメで店員ならOKだった理由も不明ですし、次きたらどう操作したらいいのか、結局何もわからないままで、もやもや状態です。

こんだけめんどくさい思いして店頭でモノ買うのも疲れるわぁ。
だったらまだ事務的に処理してくれる通販のほうがマシ。

その話し方がクレームを生む
その話し方がクレームを生む
日本経済新聞社 2005-06
売り上げランキング : 162276

おすすめ平均 star
star人と接する機会のあるすべての人に。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

+++Google+++

  • この記事を書いた人

ゆきぞう

猫好きBBA。 貧脚なロードバイク乗りです。

-Diary

Copyright© 紅玉日誌 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.