基本的に物欲日記兼雑記帳。クレームお断り。

紅玉日誌

Diary

いろいろと自己責任

更新日:

たまたま腹が減ってて、たまたまうどんが食べたくて、たまたま入った店が「喫煙席しか空いてない」タイミングだった。
…まぁ、しゃーないな、と思いつつ席について程なくして、若いおにーちゃんが隣のテーブルに座りました。
座ってすぐ文庫本開いたと思ったら、もうタバコに火を。

…そりゃまぁ気持ちはわからんでもないけど、食う前からチェーンする程ニコ中かぁ…とか思いつつ、そんなにフカすだけで吸いこまず、灰皿で灰にする分量のが多いなら今じゃなくてもいいじゃん、とも思いつつ、喫煙席に敢えて座った自分が我慢すべきだな、うん。と思ってたのですが…

…もひとつ隣の家族連れ(幼児含む)のお父さんが、あからさまにメニューでパタパタ、彼の方に煙を扇ぎ返してるんですね(驚)

流石にバツが悪かったのか、彼も次のタバコに火はつけんかったですが、なんだかなぁ…
そこまでするなら完全分煙の禁煙席探したほうが良かった気がしますですよ…
ワタシは吸わない人間ですけど(正確には『吸わなくなりました』ですけど)、吸う権利は認めていいと思うのです。住み分けさえしてれば。
「隣が女性専用車両なのに敢えて普通車両乗って、たかがカバンが当たっただけで、痴漢痴漢と大騒ぎする」行為と大差ない気がしましたですよ。うーん。

タバコ狩り (平凡社新書)
タバコ狩り (平凡社新書) 室井 尚

平凡社 2009-06
売り上げランキング : 8826

おすすめ平均 star
starたばこの事実が見える勇気ある力作
starそれはタバコだけの問題ではない
star喫煙者よ、きみ騙される事なかれ。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

+++Google+++

  • この記事を書いた人

ゆきぞう

猫好きBBA。 貧脚なロードバイク乗りです。

-Diary

Copyright© 紅玉日誌 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.